+RECOMMEND
+RECOMMEND
+Ad
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【tanomi.com】たのみこむサービス終了へ【11年】 | main | 【PV】OK GoのPVまとめてみました【おもしろ】 >>
【FlashCS5】ムービーの書き出しで原因不明のエラーが出る件について【Quicktime】



 ご無沙汰しております。
今日は、Flashからムービーの書き出しをする際に、Quicktime形式で書き出しをしたときのエラーについての解決方法です。




まず、この原因不明のエラーはQuicktime形式での書き出しでしか発生しません。
Flashにおけるムービーへの書き出しは、Avi形式(WindosVideo)とMov形式(Quicktime)の2種類選べます。



以前は、複雑な入れ子構造のムービークリップやActionscriptの動きなどは、書き出しに反映されませんでしたが、CS3からQuicktime形式での書き出しの際、「停止までの経過時間」でムービー終了までの時間を指定してあげることで解決できるようになっています。

そのため頻繁にQuicktime形式での書き出しを行うわけですが、たまに原因不明のエラーが出るわけです。管理人もこれで一日つぶしてしまったので何かの参考になればとおもいます。



原因その1 Quicktimeのバージョン

おそらくこれがもっとも大きな原因のひとつではないかとおもいます。
とくにここ最近、突然書き出しエラーが出てしまうといったかたは要チェックです。
というにも、Quicktimeのバージョン7.7にでは書き出し先のローカルパスに日本語が入っているとうまく動作しない不具合があるようです。

そのためFlashに限らず、AfterEffectsやPremiereなどでも書き出し、読み込みが出来なくなる現象が起こっているようです。

対策:

上記の原因の対策としては、Quicktimeのバージョンをダウングレードするか、保存先や読込先のパスをすべて英数字のパスの場所へ移動するなどが考えられます。
とくにユーザー名などを日本語で入れていると、ドキュメントなどのパスには日本語が入ってしまいますので注意してください。



原因その2 Quicktimeが壊れている

次に考えられる原因です。
何らかの原因でQuicktimeが破損、またはインストールが不完全な場合です。この場合は再インストールしなおすわけですが、原因1のバージョン問題もあるのでご注意ください。

対策:

Quicktimeを再インストール。



その他:

いかんせん「原因不明」のエラーなので特定が難しいです。
上記以外の原因としては、Flashそのもののエラーや、ファイルの破損、保存フォルダの破損などといったものが考えられます。

こういった場合は、保存フォルダを変更してみたり、書き出し先のフォルダを変更してみたりなどのチェックや、Flashの再インストールなどを試してみるのも良いかもしれません。
Flashデータと同じディレクトリに書き出したらうまくいった。なんていうのもありました。

また、ムービーの書き出し中はメモリーを多く消費するので、極力書き出し作業中には余計なアプリを立ち上げずに作業することをオススメします。

また、ムービークリップの作り方を工夫して、Avi形式で書き出せるようにするのもひとつの方法です。(めんどくさいですが・・・。)あまり複雑にFlashを構成していなければこの方法が安全かもしれません。



とにかくQuicktimeが原因である可能性が高く、その場合はFlash以外のアプリケーションでの作業にも障害が出てしまうので、何とかして欲しいですね。
とりあえず変な動きになってしまう方は、Quicktimeのバージョンチェックからはじめてみてはいかがでしょうか。

| スクリプト/プログラム | 19:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |はてなブックマーク - 【FlashCS5】ムービーの書き出しで原因不明のエラーが出る件について【Quicktime】 | このエントリーをはてなブックマークに追加









http://blog.tug.lomo.jp/trackback/990302