+RECOMMEND
+RECOMMEND
+Ad
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【最大5GB】Twitterで大容量ファイルをやり取り【Filetweet】を使ってみた | main | WordCamp Fukuoka 2011 に参加してきた【後編】追記2/21 >>
WordCamp Fukuoka 2011 に参加してきた【前編】追記2/21


福岡市東区で行われた「WordCamp Fukuoka 2011 」にいってきました。
なかなか面白く、wordpressの関心の高さをうかがい知ることができたセミナーでした。




■WordCamp Fukuoka 2011 【公式サイト】
http://2011.wordcampfukuoka.com/




今回の「WordCamp Fukuoka 2011 」のテーマは「パブリッシュ」。
昨年から活気だっている電子書籍に絡めたテーマで、wordpressと電子出版とのからみ、そのたもろもろのWordpress情報などセミナーが行われました。

各セッションは選択式で、出たいセッションに自由に参加する方式でした。
会場は4会場あり、大きなメインとなる会場と、サブの2会場、ワークショップが行われる会場と分かれていました。全部回りきれなかったので、管理人が回ったセッションを中心にレポートします。


パブリッシングツール WordPressのこれから

まずはじめにメイン会場で行われたAutomattic社のエンジニア、マクラケン直子さんによるセッション。WordPressに関する紹介を事例を交えて公演されました。Automattic社はWordPress.com(※1)を運営している会社です。内容は、Wordpressのシェアや、ユーザー数についての基本的な情報から、今後の展開などでした。

ひとつサプライズもあり、WordPressの日本版公式キャラクターの発表もありました。
WordPress 日本公式キャラクター
この子。
キャラクターデザインは、オープンソースIDEのNetBeansのキャラクターを手がけているカネウチカズコさん。名前はコミュニティーからの公募するそうです。


クライアントがCMSで楽に更新できるようにする工夫

つぎのセッションはサブ会場で行われていたこのセッションに参加しました。スピーカーは金内透さん。
タイトルどおり、実務向けっぽかったので、これ幸いと参加。WordPressに限らずCMSカスタマイズのサイトを作ると出くわす問題です。

内容は大きく分けて4つ

  • ダウンロードファイルのアイコンと容量表示
  • 外部リンクに”class”と”target="_blank"”を付与
  • 見出しのデザイン性を上げる
  • 記事内でのスライドショー

これらの問題に対処するにはどうするか?ということで、解決策があがっていました。
簡単にいうとjavascript(jQuery)をつかって解決すればいいじゃんという内容。WordPressのプラグイン等を利用すればできるんじゃ...?という疑問もありますが、そこはタイトルをよく見返してください。

そう、「CMSで楽に更新」です。
javascriptを使う最も大きな理由として挙げられていたのが、ほかのCMSや静的なサイトでの使い回しが聞くということでした。納得。

追記
金内さんのブログにて当日のセッションのスライドとサンプルソースが公開されました。
ちょっとしたことなんですが、役に立つのでぜひご覧ください。

こちらから
http://blog.cgfm.jp/garyu/archives/2293#more-2293


■我流天性 がらくた屋
http://blog.cgfm.jp/garyu/



スプラッシュムービーをつけてくれといわれたら…。

次はおおくぼひろあきさんによるFlashのはなし。
かなり面白かったんですが、一言でいってしまうと「スプラッシュムービーなんてなくなればいいのに」って感じの内容。

たしかに、仕事で制作するものの、「これうざいよなあ…。」なんて思っている方もいるんじゃないでしょうか。そんなクリエイターとユーザーの気持ちを代弁していただいた感じでした。

これからサイト制作をお考えの企業の方、代理店の方。ちょっとスプラッシュムービーについて考えてもらえるといいかもです。

おおくぼさんのサイトはこちら。
■inazumatv.com
http://www.inazumatv.com/contents/



やさしいBaserCMSのディスり方

このセッションではいったんWordPressから離れまして、福岡で独自のオープンソースCMS「BaserCMS」を開発されている江頭竜二さんによる「BaserCMS」の紹介です。
管理人も知らなかったこのCMS。大きな特徴は、コーポレートサイトの構築にあわせて作られているということ。
また、データベース無しでも動作することや、完全日本語対応、日本語マニュアルなど国内産で使い勝手もいいということも挙げられていました。

オープンソースなので誰でも利用でき、コア部分が「cakePHP(※2)」というフレームワークを利用して制作されているので、カスタマイズもわかりやすくできるようになっているとのこと。

詳しい使用はこちらの公式サイトからどうぞ
■BaserCMS
http://basercms.net/



佐賀と勉強会とHTML5と私

このセッションは佐賀県からおこしのト部秀頼さんのHTML5に関するセッションでした。冒頭で佐賀県のWeb事情や、佐賀県でのIT関連の育成状況など報告があった後、HTML5の簡単な概要説明と実例で締めくくられていました。
佐賀県では県を挙げて技術者育成に力を入れているそうで、HTML5の情報ではおなじみのミツエーリンクスの方を招いた公演など行われたそうです。
こういった自治体での取り組みってIT分野、とくにWebデザインやWebプログラミングといった分野では、あまり盛んではないとおもわれるなかでの佐賀県の取り組みにはちょっとびっくり。近いので遠征に行こうかとも思いました。

そのほか佐賀県でのクリエイティブ関係の詳しい情報はこちらで見れるそうです。
■クリエイティブ佐賀
http://www.crtv-saga.jp/



前半のレポートはここまで。
後半へつづく。■後半はこちら





※1 WordPress.com(http://ja.wordpress.com/)とは
WordPress.comはオープンソースのCMSプログラムであるWordPressをつかったブログサービスのこと。管理人も知らなかったんですが、海外ではかなりのユーザーがいるようです。WordPressを使ってみたいけど、サーバー借りたりめんどくさいというかたはこちらをオススメ。

※2 cakePHP(http://cakephp.jp/)とは
cakePHPとはPHPの高速開発フレームワークで、非常に柔軟かつ機動性の高いフレームワークだそうです。MITライセンスの元でフリー配布されています。国内でも注目度は高く、日本語ドキュメントも充実しており、PHPの開発現場で広く利用されているそうです。





| WordPress/MT | 10:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |はてなブックマーク - WordCamp Fukuoka 2011 に参加してきた【前編】追記2/21 | このエントリーをはてなブックマークに追加









http://blog.tug.lomo.jp/trackback/990258