+RECOMMEND
+RECOMMEND
+Ad
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< クラウド情報共有サービス | main | iPadでオリジナルフォントが作れるアプリ >>
HTML5 Web標準スタディ−サイト

しばらく時間を空けてしまいました。申し訳ありません。
パブーの後編は後日アップします。

今日はHTML5関連のWeb標準スタディーサイトをご紹介します。


始めにWeb標準とはなんでしょうか。
簡単に言うと「Webで標準的に利用されている技術」の総称で、文字通りですね。ここでいう標準的なWebの技術とはW3Cが定める国際的な基準のことです。
その国際的な基準はHTML5にも定められています。(厳密にはまだ策定中です。)

その標準にのっとった各ブラウザベンダーのスタディーサイトを紹介します。
各ベンダーとも、HTML5を利用した技術的なチップスや搭載のHTML5機能の紹介など有益な情報ばかりです。これらのサイトで、HTML5を学ぶもよし、一部機能を先行搭載しているブラウザで、いち早く実験してみるのもよしだとおもわれます。以下にそれぞれのサイトへのリンクを貼っておきます。
英語サイトがほとんどですが、ソースレベルで参考になるのでHTML5に興味ある方はぜひ。


早くからWeb標準に取り組んできたブラウザ「Opera」のスタディーサイト

Dev.Opera
http://dev.opera.com/




管理人愛用のFireFoxを開発している「モジラ」のスタディサイト

mozilla<developer center/>
https://developer.mozilla.org/en/HTML/HTML5




全社的なHTML5への取り組みが注目される「Google Chrome」のサイト

html5rocks
http://slides.html5rocks.com/#slide1


特筆すべきはスタディサイトそのものがHTML5の実験場になっていることだと思います。


個人的に注目しているIE(インターネットエクスプローラー)でおなじみのマイクロソフト

scriptjunkie
http://msdn.microsoft.com/en-us/scriptjunkie/default.aspx


これまでのIEがお世辞にもWeb標準であったと言いがたい仕様だったIE。
本腰を入れてWeb標準に取り組んでもらえるとうれしいですね。


忘れてはいけないもうひとつの有力なベンダー、Appleがあります。
当然HTML5のデモサイトはあるのですが、なぜかsafariの以外のブラウザで閲覧するとsafariのインストールをすすめられます。自社製品をアピールするのは当然なのですが、Web標準という視点から考えればどのブラウザでも閲覧できることをアピールすべきなのではないかと思います。
なのでメインでの紹介は控えたいと思います。

リンクはこちら。
HTML5 Showcase
http://www.apple.com/html5/

| HTML | 01:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |はてなブックマーク - HTML5 Web標準スタディ−サイト | このエントリーをはてなブックマークに追加









http://blog.tug.lomo.jp/trackback/990191