+RECOMMEND
+RECOMMEND
+Ad
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< jQueryバージョン別リファレンス情報まとめ | main | クリエイティブな404ページ >>
書籍スキャニングPDFサービス「BOOKSCAN」
書籍スキャニングPDFサービス「BOOKSCAN」

ここ数日でにわかに話題にあがっている書籍スキャニング&PDFデータ化サービス「BOOKSCAN」。様々な方面から賛否両論あるようです。19日からサービス開始ですが、いったいどうなるんでしょうか。
2010年4月15日に、告知のあったBOOKSCAN。
1冊100円からという破格の価格設定に加えてPDFデータにしてくれるという、iPhoneやPCで書籍をデータで読んでいる人にはかなりクリティカルなサービスだと思いました。僕もそんな一人ですが、調べていくうちに疑問が。

「著作権ってどうなってんのこれ?」


当然、データ化したPDFを配布するのは違法ですが、第3者がスキャニングするのって限りなくグレーじゃないのか。また、同じ書籍のスキャン依頼が来た場合、一方だけをスキャンして、もう一方はデータを渡すだけですむんじゃ・・・?などいろいろかんがえていたら、案の定本家サイトに下記のようなページが追加されていました。

「著作権に関して」
http://www.bookscan.co.jp/law.php


項目1でつまづいてます。やっぱりなのか。
いや、ほんと、よく著作権クリアしたなあと思っていたんですが、グレーな感じだったようです。

また、同じ書籍に関してツイッターで次のような呟きがありました。

もちろん書き込みもそのままスキャンしますので大丈夫ですよ。 RT @hitak : @bookscan_jp ボールペンでいろいろ書き込みをしているのですが、OCRをお願いしなければスキャンしてもらえますか?結構書き込みが財産なので。


直接同じ書籍データを使いまわさないと言う言い方ではありませんが、少なくとも一冊づつスキャンすることを明言しているものです。

また、こちらのサイトのように

複製というのは原本がそのまま無傷で残るからこそ複製なのであって、裁断された紙の束を「元どおりの本である」ということにこそ無理がある。Google がやっているように非破壊的な手段でスキャンする方法であればとにかく、裁断を必要とするブックスキャン代行サービスは複製とは呼べない。

404 Blog Not Found
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51434363.html



違法ではないと主張している人もいるようです。
実際問題、著作権には「著作者が望まない著作物の改訂や複製は違法」みたいなことがしっかり書かれているので、
権利者から申立があれば一発アウトですが・・・。
とはいえ、BOOKSCANの方も言われているように、今後電子書籍が普及していくことが考えられる中で、書籍を取り込むことに対しての法的な整備は必要になってくると思います。

これから、どんどん情報は無料化されていく勢いなので出版業界だけでなく、Web業界や国と国などもっと広い視点での明確な基準が必要になってくるでしょう。
これは複製云々と言う問題だけにとどまらないので、今後の動向が注目されます。ひとまず4月19日のサービス開始に注目です。



Plustek OpticBook A300 | 高速読取りブックスキャナー A3スキャナー
Plustek OpticBook A300 | 高速読取りブックスキャナー A3スキャナー
Plustek
| 電子書籍 | 01:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |はてなブックマーク - 書籍スキャニングPDFサービス「BOOKSCAN」 | このエントリーをはてなブックマークに追加









http://blog.tug.lomo.jp/trackback/987400